息子の苦悩 発達障害の疑い

スポンサーリンク




a1380_001507

このブログに書くべきか、ずっとずっと迷っていました。
でも、真実は全て書こうと決心しました。

スポンサーリンク

高校二年の息子は、中学生の時から、ずっと自分が発達障害かもしれないと悩んでいました。 でも、息子も私も、事実から目をそむけ、認めずに生きてきました。

中学生の頃から、自分は普通の子と違う、普通じゃないと思い始め、いろいろなトラブルに悩んでいました。

息子が、友達を殴ってしまったこと。
その仕返しに、いじめにあったことなど、思春期はいろいろありました。

14歳のある日、友達に ガイシャとからかわれ、自分は障害者だと、泣いていた日を今も、忘れません。 そして、思春期外来を受診しました。

いろいろな検査、カウンセリングの結果、確かにわずかな異常が認められました。
そう告げられた帰り道に、息子は、人の目を気にしないで、わめきました。

その行為は、DV夫そのものでした。
恐怖さえ覚えました。

もっと詳しい検査や、カウンセリングをすすめられましたが、息子は受け入れることを拒否しました。

俺は発達障害ではないから、もう病院へは行かない。
それで、この話にはふたを閉じたままでした。

新しい高校に入り、やり直すつもりでいたようです。
いろんなことに頑張り、自分で性格を変えようと努力もしていました。

でも、苦しくて苦しくてたまらない、それが本心だったようです。

息子の疑いがあるのは、ADHDです。

確かに、忘れ物はしょっちゅうですし、傘をなくすことも多いです。

あとは、人よりコミュニケーション能力が低いです。
冗談が通じないし、冗談も言えない、それを治したいと言います。

検査の結果、知能指数は、平均より高かったのです。
だから勉強が好きなのもうなづけます。

その思春期外来で、気になること言われました。
親からの虐待を受けて育った子、またはDV家庭の子は、発達障害のような症状をしめすという事です。

第四の発達障害と呼ばれているそうです。

どちらにしても、真実を知らなければ前に進めません。

息子の苦しみを早く取り除いてあげなければ、今はそう思います。

普通の子でいてほしい、その願いが叶わないことなのか、
気持ちは落ち込んでいます。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました