食事はいつも、ひとりぼっちです。

スポンサーリンク




a0002_011998

スポンサーリンク

今日は、日帰りで実家に行ってきました。 お嫁さんは、もう熱は下がったという事でしたが、まだ寝込んでいました。

母は、まだ自分の事は、自分でできますが、ガス、火をつかうことは禁止になっていました。
どういうミスか、詳しくはわかりませんが、何回かガス漏れを起こし、お嫁さんから、
絶対に火は使わないようにと、きつく言われていました。

そんなわけで、母の食事はパンが多いみたいです。

基本的にお嫁さんがおかずは作ってくれていて
冷蔵庫に入っているので、それを温めて食べているのがほとんどだそうです。

食事はいつも、ひとりぼっちです。 兄世帯とは、別々に食べているのです。

可哀想だな、寂しいだろうなと思いますが、
同居して、おかずを作ってくれるだけでも、お嫁さんには感謝なので、
仕方ないです。

甘酒と和菓子を、お土産に買っていくと大喜びで、すぐにおまんじゅうをぱくついていました。
母は、甘酒が大好きです。
飲む点滴と言われている位、身体にいいそうですね。

父の仏壇には、父が大好きだった、カルシウムせんべいと、コーヒーをお供えして来ました。

亡き父の壮絶な闘病

父は、甘いものが大好きでしたが、晩年、糖尿病を患い、全てを我慢する生活をしていました。
タバコもやめました。
食事は、薄味で、カロリー制限もしていました。
入退院を繰り返した晩年でした。

いつもお見舞いに持っていったのが、カルシウムせんべいです。
いつも、おいしそうにポリポリ食べていたなぁ~~

父が亡くなり、三年たちました。
実家が、瓦礫の山に・・・

父が大好きだった元実家は、ついに買い主が現れ、 空き地だった土地に、新築の家の工事がはじまっていました。

寂しい気持ちになりました。

父は、空の上の上から、どんな気持ちで見ているのだろう・・・

最後まで読んでくださりありがとうございました。
応援ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました