衝撃的な現場に遭遇する

スポンサーリンク




今日は、暑くなるという予報だったのに、ちょっと肌寒いくらいでした。
仕事帰りに、交通事故の現場に遭遇してしまいました。

おじいさんがはねられた直後だったようで、頭から血を流し倒れていました。
申し訳ないけれど、私はとっさに目を背けてしまった。

あまりに衝撃的な現場だったのです。

救急車がなかなか来ない。
みるみる人だかり、なんでみんな冷静に見てられるのだろう?

私が通勤に使っている道は、あまり横断歩道がなく、よく高齢者が車道を横切っているのを見かけます。
わがもの顔で、車がよけてくれるくらいに思っているのでしょうか。

いつも危ないな~と思っていたのだけど、ついに事故が起こってしまった。
おじいさんは無事だったのでしょうか。

心臓がバクバクし、逃げるように現場を後にしました。

外に出始めた高齢者たち、

コロナが流行しだした2020年、日本の死亡者数は、極端に減ったそうです。
高齢者がうちごもりしていたから、事故の件数が少なかったから。

そういえば、同じ場所で、おじいさんが転んで動けなくなっているのを見たこともあります。
昨日は、職場のお客様が転んでしまい、Gパンが破れるほどのケガをしていました。

私は、まだ高齢者と言える年には、なっていないけれど、転びそうになる時がある。
筋力が弱っているのが自分でもわかります。

明日は我が身。
いつどんな場所で災難がふりかかってくるかは、本当にわかりません。

タイトルとURLをコピーしました