明暗をわけた65歳、人生何が起こるかわからない

スポンサーリンク




60代になってから、老後が見えてきました。
さすがに貯金ゼロはまずいですよね。
これから10年でどれだけ貯められるかわからないけれど。

もう60代とも言えるし、まだ60代とも言えます。
私の場合、もう60代という思いが強くて、人生の最終章が見えてきたとあきらめムードでした。

65歳で人生を変えた二人がいます。

私の推しであり、あこがれであった二人。

一人は、NSPの中村貴之さん、64歳まではとてもお元気で、全国をライブツアーで回っていました。
70歳までは、まだまだやるよ~と言っていた中村貴之さんは、突然、病に倒れてしまいました。
毎年、健康診断を受けていたようですが、本当に突然肺がんになってしまう。

早期発見し手術は成功したと思ったのに、コロナ禍でライブが中止になる中、ガンは再発されていたようです。
最後のライブでは、今までにない坊主に近い短髪でした。
抗がん剤で髪が抜け落ちてしまったようですが、闘病の末、昨年11月にこの世を去りました。

もう一人は有名なシニアブロガーさんです。

出版した本が大人気、10万部売れたそうです。
ある場所で知りましたが、10万部うれたということは、本の印税は1000万以上入ってくるそうです。
シニアブロガーさんが、そんな大金を手に入れたのが65歳くらいだと思います。

ご本人いわく、税金以外は全部貯金してあるということでした。
60歳でブログを始めて、その後本の出版が相次ぎ、テレビにも出演されました。
60歳からの、まさにシンデレラストーリーです。

自分の気持ちしだいで、61歳からでも人生は変えられるのかもしれないと思ったし、不本意ながらも病気になる可能性もあるということです。
私はどんな65歳をむかえるのか、まったくわからないけれど、健康でいたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました