「親らしいことは何もしてくれなかったよね」突き刺さった娘の言葉

スポンサーリンク




今日はお休み、お休みの日も相変わらず5時に目がさめてしまいます。
そしてもう眠れなくなって、ベッドの上でゴロゴロしていました。

朝食は食べません、コーヒーのみです。
洗濯をしてから教会へ行きました。

昨年、28歳の娘は電撃結婚をしたのですが、私とはまだ会ったこともないのに、二人で籍を入れようとしました。
さすがにそれは反対して、一度会ってからにしてとお願いしました。

その時に娘に言われた言葉が私の心にぐさりと突き刺さりました。

「親らしいことは何もしてくれなかったくせに」

という言葉です、事実なだけに、娘の本心を聞いたような気がしてショックを受けました。
結局は一度会ってから、入籍したのですが、昨年のコロナが流行しだした頃の話です。

娘は18歳で家を出て、何から何まで自分でしました。
夜逃げのような引っ越しは多少は手伝ったものの、それからは親らしいことをいっさいしませんでした。

金銭的援助や仕送りなど一切なし、そして熱を出した時のSOSにも助けにいってあげることができなかったのです。
夫と暮らしていた時は、時間の制限もありなかなか外出できなかったし、何よりも超貧乏でいろんな面で余裕はありませんでした。

親らしいことは何もできなかったこと、申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

娘は自立が早いなんて勝手に思っていたけれど、実は違っていたのです。
何の援助もしない情けない親だったので、もう頼れないといろんなことを自分で頑張ったのだと思う。

娘が妊娠をして仕事を休職してから、娘と過ごす時間が増えていきました。

親子の絆を取り戻す、娘との時間。

今更だけど、私は娘に何もできなかった分、孫に愛情を注ごうと決めました。
仕事が休みの日、月に二回は娘のところへ行っています。

初孫はとても可愛くて溺愛しちゃってます。
私は今、娘のところにいき、三人で過ごす時間が何よりも楽しみです。

旦那さんの仕事が忙しくワンオペ育児をしている娘ですが、私が行くだけでも喜んでくれます。

孫を溺愛する私の様子をみて、「お母さん、私のこともこうやって育ててくれたんだね」と娘は言ってくれました。
相変わらず貧乏ですが、これからはできる範囲で親らしいことができたらいいなと思っています。

今日の食後のデザートはふんわりホイップシフォン、これ大当たりです!
生地がしっとり、中に入ってるベルギーチョコクリームもコクがあって美味しかった~

また食べたいです。

タイトルとURLをコピーしました