しんみり、息子と過ごしたアパートを退去する

スポンサーリンク




暑いですね~本当に暑い。
やることがたくさんあるのだけど、やる気がしません。

ついベッドの上でゴロゴロしてしまいます。
今日は昼寝もしてしまった。

息子と過ごしたアパートを退去する

今日は旧アパートの明け渡しと鍵の返却に行ってきました。
上記写真、右が息子の部屋、左が私の部屋でした。
二間とも6畳ありました。

三日ぶりに旧アパートに行ったのですが、ドアを開けたとたんに、すごいカビのにおいです。
住んでいる時は気が付かなかったけれど、本当に人が住んでいたの?と思うようなカビのにおいが充満していました。

電気の契約は終了しているので、クーラーはつけられません。
暑い部屋で、待ち合わせした不動屋さんがくるまで、しばし古いアパートでボッーとしていました。

こちらが10畳近くあったリビング兼台所です。
ピンクのタイルが昭和を感じます。

ここで母子家庭の夕飯を作った日々。
息子の好きなカレーは週一で作っていました。

安い牛肉でいいから焼き肉が食べたい!という息子の言葉を思い出します。
一人暮らしになってもうカレーを作ることもホットプレートで焼き肉パーティーをすることもないんだろうな。

息子がゲームを投げつけて割ってしまったガラス戸です。
取り替えないでそのまま使ってました。

受験うつになり、精神を病んだ時はよく物を投げました。
苦しかったんだと思う。
当時は私も苦しかったです。

何回もひきこもり宣言をした息子。
昼夜逆転し昼間はずっと寝ていた時期もありました。

「産まれてこなければよかった」
「なんで俺を産んだんだ?」

よく言われた言葉です。

よくここまで乗り越えてきたと思います。
つらいことや苦しいこともたくさんあったけれど、楽しいこともありました。

アルバイト代が出ると、コンビニでよくアイスクリームやケーキを買ってきてくれました。
自分の分は買ってこないで私の分だけです。

優しい子だったなぁなんて思い出していたら、また涙がでてきちゃいました。

部屋の外です。
ここが崖になっていて草がボーボー生えています。
虫がたくさん出るのと、カビの原因はここからでした。

水を含んだその崖の部分から、湿気が全部部屋に流れこんでくるのです。
陽も当たらなくて、昼間から電気つけてました。

4年9か月前は、広いねと喜んで入居してこのアパート。
住んでみないとわからないものです。

4年と9か月息子と過ごした部屋で、いろいろ思い出してしんみり。

すぐに、現実に引き戻されます。
不動産屋さんがきました。
クリーニング費用で、払い済みの敷金5万円は消えてしまいそうです。
(少しはもどってくるかと期待したのですが)

息子がわったガラスの交換費用はあとから実費で請求されます。
(がっくり~)

引越しでまた借金が増えました。
これからの道のりもけっして楽ではないと思う。

だけど、何度もひきこもり宣言をした息子が自立をしたこと。
めでたいことです、しんみりするのはもう辞めて前を向こうと思います。

5連休も今日で終わり、明日から仕事です。

タイトルとURLをコピーしました