娘と絶縁、私も何回もありました。

スポンサーリンク




以前にも記事にした某ブロガーさん、娘からの絶縁状というショッキングな記事を書かれていました。

読んでいてとてもせつなくなりました。
娘さんは絶対にお母さんが大好きなんだと思う。
そしてブロガーさんも娘さんが大好き。

ちょっとした言葉の行き違いで、娘さんは傷ついてしまった。
こういうこと母と娘ってよくあることだと思います。

血がつながっている親子だからこそ、本音でぶつかりあうこともあります。

娘と絶縁、私も何回もあります。

もう私のことはいないと思ってと娘からlineがきたり、お母さんはいないと思ってくれとlineしたり。
しばらく音信不通の時もありました。

私は息子を溺愛していたので、娘のことを見ていない時期があったのは事実です。
だから寂しい思いはたくさんさせてきました。

お互いにもういないと思ってという絶縁宣言を何回もしたけれど、結局は仲直りできました。
それでも18歳で家を出た娘とギクシャクした時期もあったのです。

それを変えてくれたのが孫の誕生です。

子供が生まれてお母さんの大変さがわかった。
そして私のこと可愛がってくれたんだねと娘から言われました。

わかってくれたんだって思いました。

子供を愛していない親なんていないと思う。

娘さんから絶縁状を受け取ったブロガーさんもいつか和解できる日がきっとくると思います。

子育ては親業ともいうそうです。
そして親と言う字は木の上に立って見ると書きます。

親業が終了したら、あとはそっと見守るだけがいいのかもです。
絶縁状、ショッキングな言い方だけど、お母さんからの自立宣言ともとれます。

タイトルとURLをコピーしました