ぼっち系ユーチューバーが、ぼっちでなくなった時

スポンサーリンク




一人暮らし二日目、今の所寂しさはありません。
最近ひたすら眠いです。

今日も帰宅後、ユーチューブを見ていました。

ずっと見ている動画の一つに、ぼっち系ユーチューバーの大学生がいます。
息子より一つ上で、国大生、大学でもいつもぼっちだということで、ひとりぼっちの動画をアップしていました。

大学でぼっちになってしまった理由という動画が面白かった。
21歳なので自炊もしています。

大学生がぼっちだとテストの時に困るそうです。
ノートを貸し借りする友達がいないからです。

ぼっち系ユーチューバーが、ぼっちでなくなった時。

今年の春くらいから高校時代の唯一の友達が登場するようになりました。
その友達がコロナ禍で無職となり、友達を助けるために一緒に暮らすようになりました。

ぼっちでなくなったわけです。
この大学生ユーチューバーが人気だったのは、いつもぼっちだったからです。

大学生のぼっちの星だったのではないかと思います。
ぼっちではなくなった時、再生回数が半分以下になってしまいました。

なんだよ、ぼっちじゃないじゃんみたいなコメントをされていました。

自分と同じ境遇のぼっちだから見ていた学生が多かったのかも。
自分だけぼっちではないんだという安心感を得たかったから。

ブログでもユーチューブでも自分と同じ境遇の人を応援したくなり、ファンにもなります。
私もそうです。

今一番親近感を持っているのはシングルマザーケイさんの動画です。
熟年離婚をして高校一年の息子さんと新生活を始めたばかりです。

私と息子が家を出て、二人暮らしを始めたころとそっくりです。
今は不安な時だと思いますが、前向きに頑張っています。

大学生のぼっち系ユーチューバーは、ぼっちでなくなってから、ファンがだいぶ減ったと思います。

タイトルとURLをコピーしました