一人ご飯

スポンサーリンク

a0002_011998

今日は四年に一度の2月29日、うるう年です。

その29にかけて、四年に一度のウルトラ肉の日という売り出しをした一日でした。
牛肉、豚肉、鶏肉すべて半額です。

忙しいだろうなぁと思いながら、出勤しましたが、天候が悪くてそんなに忙しくはなかったです。

私が勤務するお店は、高齢の独り暮らしのお客様が圧倒的に多いので、
天候が悪ければ、何が安くても大量買いに走るお客様は少ないのです。

今日、あまり見かけない初老の男性のお客様がいらして、お寿司の詰め合わせと、牛肉の霜降りステーキを買っていかれました。
ステーキは半額で1500円、お寿司は1000円でした。

スポンサーリンク

レジを会計中、そのお客様は 一人寂しく食べるのさとポツンとおっしゃっいました。

おいしそうなお肉ですね。

いつ死ぬかわからないんだ、たまには贅沢してもいいよね、一人寂しくだけどね。

私はどう答えて良いかわかりませんでしたが

ステーキにお寿司、最高のご馳走ですね。
ありがとうございました。

そういい、お客様を見送りました。

半額のお肉コーナーには目もくれず、見切り品のつけもの、おでんだねを買っていくお客さまもいらっしゃいました。

わが家は、カレー味おでんに、一切れ100円の鮭の塩焼きでした。
これだけ~?
また息子に文句を言われてしまいました。
食べ盛りの息子、どうしても食事には手をぬけません。

ブツブツ文句を言う、息子を前におでんをつつく。 息子が一人立ちすれば、いつかは私も一人ごはんになると思います。 文句を言いながらの二人の食卓ですが、二人ならなんでもおいしいと私は思っています。そして娘は今日は、一人で食べているのかなと の思いも、頭の片隅にあります。

ご訪問感謝します。
応援よろしくです!

タイトルとURLをコピーしました