きみは愛されるため生まれた

自分は生まれてこない方がよかったと思いながら、生きている人ってどれくらいいるのでしょうか。

自ら命をたつ人が年間3万人いるそうです。

生きている意味がわからないから。

誰からも必要とされていない。

誰からも愛されていない。

残念ながら、わが家の息子は、自分は誰からも必要とされないし、生まれてこない方がよかったと言っています。

自信喪失、自分が大嫌いな息子へよくこの讃美歌を聞かせています。

とても励まされる歌です。
歌詞はこんな感じです。

きみは愛されるため生まれた 
  きみの生涯は 愛で満ちている
  きみは愛されるため生まれた
  きみの生涯は 愛で満ちている

  永遠の神の愛は 我らの出会いの中で実を結ぶ
  きみの存在が私には どれほど大きな喜びでしょう

  きみは愛されるため生まれた 
  今もその愛 受けている
  きみは愛されるため生まれた
  今もその愛 受けている

きみの存在が私には、どれほど大きな喜びでしょう。

お子さんをお持ちのお母さんなら、わかってくださると思いますが、
子供の存在自体が大きな喜びです。

YouTubeで聴けます。
落ち込んだ時にははげまされます。

皆さんもよかったら聴いてみてください。

ランキングに参加しています(*- -)(*_ _)

ブログにきてくださりありがとうございます。

応援していただけると嬉しいです。



スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメントの入力は終了しました。