別居中の夫のことを根掘り葉掘り聞かれる、メソメソするのは今日で終了

スポンサーリンク




家に一人でいると、やっぱり寂しい。
今日は大雨なので、一日中こもっていたけれど、もう仕事に行きたくなりました。

母の葬儀で、久しぶりに二人の叔母に会いました。
母の妹です。

私が別居中の身であることは知っていたと思います。

あのイケメンの旦那さんはどうしたの?

イケメン?
若い時はイケメンだったのかも。
夫が披露宴をかたくなに拒否したので、親戚に披露したのは結婚直後にした食事会です。

夫と叔母たちは、今から30年前の食事会で会ったきりです。
その後は、親戚の集まりにはまったく顔を出さず、父の葬儀にも参列しないという不義理をしてきました。

私が別居しているのは知っていても理由は知らなかったと思います。

叔母たちは根掘り葉掘り聞いてきました。

DVとモラハラが原因で、息子と二人で逃げたいきさつを話しました。
そして今の生活についても聞かれました。

6年間は母子家庭、そして8月には二人とも一人暮らしをスタートしたことも話しました。

食べていけるのか?
家賃はいくらなのか?
どんな仕事をしているのか?
収入はいくらあるのか?

等々とにかくいろいろ聞かれました。

別居中の夫はどうしているのか?

それには答えられません。
どうしているか知らないからです。

叔母は、深刻な顔をして話を聞いていました。
大変ね~頑張るのよと私に哀れみの言葉をかけてきました。
息子にも頑張れと声をかけていたようです。

やはり60歳の独り身、暮らしていけるのかと疑問なんでしょうね。

母は認知症になり、私が別居中で息子と二人で暮らしていたこと。
夫と同居中は何度も実家に逃げ帰ったこと。

すべて忘れています。
それはそれでよかったと思います。

今日は、ベッドカバーをピンクに変えました。
夏バージョンはブルーでそろえて涼しげにしていたのですが、秋冬バージョンです。
シーツはニトリのNウォーム、これがヌクヌクして温かいのです。

今日はベッドでゴロゴロして、アマゾンプライムで映画を見ていました。
スマホで母の写真を見ると、まだ涙腺が崩壊します。

でも、メソメソするのは今日で終わりにします。

妹に聞いたのですが、母の背中には寝たきりでできる床ずれができていたそうです。
母はもう限界だったのだ、87歳大往生だって思うことにします。

タイトルとURLをコピーしました