思っていたより大きかった、子供たちの心の傷



幼少期の家庭環境が、大人になってからもいろいろと影響を与えてしまうとは、わかっていたけれど、

子供たちの心の傷が、私が思っていた以上に大きく深いことがわかりました。

職場で、ひまな時、いろいろなことを考えてしまいます。
今日は、ボッーとしていてミスをしてしまいました。

DV夫と引き離しさえすれば、すんなり変わると考えていたのが、浅はかでした。

あの時、あんなつらい思いをさせた。
あの時、寂しいを思いをさせてしまった。

思い出すのは二人の子供のさびそうな目でした。

夫に出ていけ!とたびたび追い出された私は、自分一人で出ていくことも何回もありました。

ネットカフェに泊まったり、ファミレスで夜をあかしたり・・・

そんな時、小学生だった二人の子供は、身を寄せ合って眠りについたと思います。

明日の朝、絶対に帰るからね。

そんなメールをしたっけ。

どれだけ、怖い思いと寂しい思いをさせたでしょうか。

娘は25歳。
息子は18歳になった今。

自己肯定感が、低いままです。

人間不信にもなっていると思います。

表面上は明るく見えた二人でしたが、いろんな場面で心の闇が見えてきます。

今、後悔しているのは、もっと早く二人の子供を連れて、家を出るべきだったということです。
肩を寄せ合っていつも助けあっていた姉弟でした。

この二人を、引き離してしまったことも間違いだと気が付きました。

大人になった今、娘も息子も、寂しいという言葉をよく言います。

友達がいても、彼がいても、心の中の隙間はなかなか埋められないようなのです。

これからも、私は二人に愛情を注いでいくつもりです。
ずっとずっと。

いつかは心の傷がいえてくれることを祈りつつ。

ブログにご訪問ありがとうございます。

応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験終了組(本人・親)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ シングルママへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ
にほんブログ村

スポンサーリンク









シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメントの入力は終了しました。