貧困コンプレックス



お金がすべてではないとは思います。

でもお金があったら、息子に塾へ行かせてあげることもできたし、私立も受けさせることができたと思ってしまいます。

浪人してもいいから、やるだけのことはやってみてと息子に声をかけながらも、心の中はお金の心配をしています。

私は、たぶん貧困コンプレックスを抱えていると思う。

夫と同居中から、いつもお金の心配ばかりしてきました。

いつも支払いに追われていましたから。

だからお金がなくなっていくことが、いまだに怖いのです。

たとえば私が今、大病をしたら?
医療費はどうしよう?

そんなことを考えると怖くなります。

そして今、働いても働いても豊かにはなりません。

今月で、ついに息子の児童扶養手当の支給が終わってしまいました。

ずいぶん助けてもらいました。

息子に、大学なんて行かないで働いてほしいと思っている自分と。

どんなに借金をしても、やりたい勉強をさせてあげたい、そう思う自分がいます。

なんとか頑張っていくしかないですが・・・

ランキングに参加しています(*- -)(*_ _)

ブログにきてくださりありがとうございます。

応援していただけると嬉しいです。



スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク