天職をみつけるために、転職をする

スポンサーリンク




f:id:chiisan1116:20170722230546p:plain

天職をみつけるために、転職をする。

(ダジャレじゃないです)

そもそも天職とは?

天から授かった職業、また、その人の天性に最も合った職業だそうです。

私は今、転職について考え中です。
悩んでいます。

でも、時すでに遅し、50代での転職はとても勇気がいります。

もっと若かったら・・・
おひとりさまでなかったら・・・等々いろいろ考えています。

私の天職は、なんだったのか、わからないまま定年を迎えそうな気がしています。

今、18歳の息子がどんな職業につくのか。
天職をみつけることができるのか。

心配ですが、すべては本人に任せて、見守るつもりでいます。

私の甥っ子たち4人、25歳から30歳ですが、大学を出て、就職しました。

4人が、4人とも転職を経験しています。

新卒で入った会社がブラック企業だったり、自分のやりたい仕事ではなかったという理由で、転職をしました。

今、ついている仕事が天職なのかは、わかりませんが、4人とも生き生き働いています。

24歳のわが娘も、転職をしています。
娘は小さい時から、美容師になるのが夢で、美容の専門学校に通いました。

そこで国家試験を受け、美容師免許もとり、某サロンに内定もしていました。

ところが、就職する直前に、美容師になることをやめて、まつげエクステの会社に就職し、サロンの内定は断ってしまったのです。

結局、美容師には一度もならなかったので、転職とは言えないかもしれません。

まつエクの仕事は、三か月ほどの研修を受け、すぐにアイリストとして、デビューできました。
それから、トントン拍子に、技術を身に着け、運よく店長になれました。

今、楽しくやりがいをもって仕事をしているのを見ると、娘にとっての天職はアイリストだったのかと思います。

新卒で入った会社に一生勤めるべき、我慢は美徳。
みたいな時代は、確かにあったと思います。

でも、転職を成功している甥っ子たちを見ていますので、今の時代は、天職をみつけるための転職はありって思います。

何度でもやり直せる若い世代が、うらやましかったりします。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました