貧乏母子、心が折れる

スポンサーリンク




何か見えない力が働いているのかと不安になるほど、いやなことが続いています。

昨日は、職場で転び、今朝、起きてみたら、左足の膝が、けっこう腫れていました。
痛みもあり、見てみると大きな青あざになっていました。

打撲か・・病院いくほどではないけれど、仕事をどうするか悩みました。
無理して行ったら、ひどくなるかと思いつつ、休むわけにもいかないので、
サポーターをして、仕事へと向かいました。

仕事をしている間は、痛みもなかったので
大丈夫だと思い、帰宅して膝をみました。

青あざの範囲が広くなっていました。

このような青あざ、紫いろのあざは、見慣れています。
DV夫からの暴力で、あざが絶えない生活でしたので・・・

夫はよく、言っていました。
おまえは、軽くたたいただけで、あざができる、内出血しやすいだけだと。

娘もよく殴られていました。
何も反抗しないのにです
今、その悲しい目を思い出し、心が痛くなりました。

スポンサーリンク

帰宅後、ご飯の支度をしていると、今度は、包丁で左の親指をざっくりと切ってしまいました。 吹き出る血に、焦りながらも、水で洗浄し、ばんそうこうで、傷口を止めました。 みるみる赤くなるばんそうこうを見て。 息子が叫びました。 病院行きなよ!! 大変だよと。

大丈夫、これくらいの傷、ほおっておけば治ると、笑ってはみたものの
傷口がズキズキとして、心まで、ズキズキしてきました。

流れる血、これも慣れたことです。
夫からの暴力で、流血したことは何度もあります。

DV被害者として、けがにはなれています。

おかげさまで、身体は健康だけれど、
体力の衰えなのか、老化現象なのか、身体の機敏さが日々失われていくように感じでいます。

気をつけていないと、いつどこでどんなけがをするかわからないということです。

こんな状況で、心が折れそうになっていると、 息子もしょんぼりとしていました。 何かあったのかと聞いた所、 新しく応募した、アルバイトの採用がだめだったようです。 採用なら一週間以内に電話するということで、 息子はずっと待っていたようですすが、ついにかかってはきませんでした。

たとえ、アルバイトでも、落ちるというのはあまり、気分がよいものではありません。

今まで、順調に採用されてきただけに、息子はショックを受けていたようです。

同じくスーパーですが、お店の方は、長期で週四日、4時間勤務を希望していました。
息子は、勉強があるから週三回、3時間勤務、6月までしかできないと、面接で言ったそうです。

また、バカ正直な所が裏目に出てしまったと思いました。
6月までなんて、言わなければよかったのに・・・と、言ってしまいました。

なんというかもうちょっと要領よくなってほしいと思いました。
よくとれば、まだまだ純粋なのかもしれません。

まぁ~いろんなことにもまれながら、大人になっていくのでしょう。

貧乏だから 金銭的に余裕がないから 時には、心が折れる、貧乏親子の現実です。

アルバイトなんかしないで、勉強に専念させてあげたい気持ちですが・・・
それができずに、本当にかわいそうだと思います。

ここに引っ越してきたの間違いだったかななんて、
つい、後ろを見てしまう発言をする私。

良かったんだよ、
がんばろう!

息子はそう言い、部屋で勉強をはじめました。

ご訪問くださりありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました