断捨離の失敗・・・捨てすぎたもの

スポンサーリンク




a0830_000466

母が、老人ホームに入ることになった時に、それはそれはすごい量のものを捨てました。
あれもこれもとっておいてと言う母を、説得するのはたいへんなことでした。
おしゃれだった母、洋服もたくさん捨てました。

母の引っ越し、断捨離の重要性が、わかりました

スポンサーリンク

母の住む老人ホームは、ワンルームの個室で、洋服ダンスは一つしかおけず、あとは、部屋にロッカーダンスがついているだけでした。 ですから、すべてを持っていくわけには行かず、泣く泣く処分したものもあります。

たとえば、夏物のパジャマだけで、10枚以上ありました。
私はそのうちの2枚を、もらって着ています。

おかげで、今年の夏、重宝しました。

妹も着れそうな洋服を何枚かもらっていきました。

断捨離されていた、母の思い出の品

実家の思い出と共に、過去のものはすべて捨てて、新生活を始めた母でした。

もうすぐ、4か月になりますが、困ったこともおきています。

認知症は、薬を飲んでいても、少しづづ悪化しています。
たぶん、薬をのむのも忘れることもあるのでしょう。

あんまり食べれなくなったと、自分では言っていますが、 冷蔵庫にある食べ物、あればあるだけ食べてしまうようになりました。

朝食と夕食は、老人ホームで食べれる契約をしました。

お昼の食料を、近所に住む妹が届けに行っています。
食パン、菓子パン、バナナ、ヨーグルト、牛乳、ポカリ等々、1週間分の食料を冷蔵庫いっぱいに入れておきます。

でも、母はそれを3日で食べてしまうようになりました。

妹が心配で見に行くと、冷蔵庫は空っぽになっていることが多いそうです。

そして、認知症が進んでいても、残っている母のプライドの高さ。

仲良くなった方が、おしゃれなようで、その方に、影響されたのか、負けたくないと思っているのか
洋服がほしい洋服がほしいというようになりました。

先日、行った時に箪笥の中をのぞいてみると、半そではたくさんあったのですが、
秋口に着る薄手の長袖が、ありませんでした。

5月に、たくさん捨ててしまったことを思い出しました。 断捨離の失敗です。 あ~捨てすぎてしまったのかと、後悔しました。

でも、おしゃれな母の希望は叶えてあげたいので、
薄手の長袖を買っていこうと思っています。

もうすぐ敬老の日です。
育ててくれた母への感謝の気持ちをおくろうと思います。

ご訪問ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました