女性の厚生年金は平均10万円、おひとり様の老後は厳しい

スポンサーリンク

職場の先輩が、現在のスーパーで40年働き60歳で定年退職しました。
年金だけではやっていけないからと、パートとして復帰しています。

67歳独身女性、40年間正社員で働いても年金はそれだけ?

年金額を知った時、愕然としました。
実際の統計を見ると5万円から10万円の年金受給者が50パーセントもいるのだそうです。
(女性の場合です)

女が一人で生きていくのは大変なんですね。
年金額が20万以上の人は、全体の1,3パーセントという低さです。
ほんの一握りということ。

女おひとり様の老後はきびしい

国民年金だとひと月55000円です。
もちろんこの年金だけではやっていけません。

私は、実家が自営業で、裕福とはけっしていえない家庭で育ちました。
父は働き者で、朝は4時起き、一日中働いていました。

それでも年金は55000円。
老後のために貯金もしていたと思いますが、悠々自適な老後を過ごすことはなく、糖尿病を患い、闘病の末に亡くなりました。

私は両親が苦労しているのを見て、できればサラリーマンを結婚したいと思っていたのです。
でも、どこでどう間違ったか自営業の夫と結婚して、貧乏な老後を迎えることになっちゃいました。

今度、生まれ変わったらサラリーマンと結婚したい。

そんなこと嘆いていても仕方ないです。
これから貧乏なおひとり様の老後を、どう生き抜いていくかが課題です。

タイトルとURLをコピーしました