今年も夏を乗り越えられた、鶏むね肉でから揚げを作りました

スポンサーリンク




実は夏がとても苦手です。
毎年9月になるとホッとします。

今年も夏を乗り越えられた!

職場のスーパー内は寒いくらいに冷房がきいていて、バックヤードは灼熱の暑さ。
それで自律神経がおかしくなってしまうのです。

だるかったり、疲れがとれなかっり、毎年夏はしんどくて。
通勤もだいたい一時間ほどかかります。
炎天下の通勤もきついし。

7、8月と体調を崩すことなく乗り切れました。
今年は身体が楽だったような気がします。
まだまだ残暑は続くけれど、乗り越えられた安堵感でホッとしています。

今日は鶏むね肉でから揚げを作りました。

鶏むね肉は安い上に、疲れをとるというイミダペプチドという成分が入っているので、夏の疲れが出る今の時期にはちょうどいい食材です。
(わが家の場合は、一年中鶏むね肉を食べていますが)

今日は簡単に作れるむねチキというから揚げ粉で作りました。
粉を水でといて、むね肉をつけておき、少量の油で揚げ焼きしました。

10分つけておくだけで驚くほどジューシーなから揚げになりました。
パサパサ感まったくなく美味しかったです。

あとはマカロニサラダ、きゅうとゆで卵だけでシンプルすぎました。
サニーレタスは近所の八百屋でなんと50円!
明日には食べきらなければ。

何を作ってもどう節約しても、息子は文句を言わずに食べてくれます。
別居中の夫とは大違いです。

今日60代の同僚が嘆いていました。
季節の変わり目で体調が悪いらしい、それでも旦那さんのためにおかずは5品作らなければならないとのこと。

大変ですね。

5品作らないと怒られるそうです。
私もそんな時代がありました。

自分の気に入らないおかずだとごみ箱行きはしょっちゅうでした。
そして夫はカップラーメンを食べていました。

夏の疲れがでる今の時期です。
読者の皆様も鶏のむね肉を食べて疲れをとってくださいね~

タイトルとURLをコピーしました