産んでくれてありがとう



今日は、娘の25歳の誕生日です。

最近、過去のことを思い出すことが多く、そのたびに、胸が熱くなっていました。

私が選んだ結婚が間違いで、そのために、子供たちにはつらい思いをさせてきたとずっと思っていました。

以前は、ブログに過去のつらい出来事を書いてきました。
最近は、もう過去の日々は封印していて書くことをやめていました。

過去を思い出しても、前には進めないからです。

今日、娘の誕生日に、あらためて、娘の産まれた日のことを思い出しました。

やっぱり涙が出ます。
どうしても忘れることができません。

夫は、女の子はいらない。
男を産めとずっと言っていたのです。

実家で里帰り出産を選んだ私に、付き添うこともなく、私は娘を一人で産みました。

何日かして夫が面会に来ました。
その時に言った言葉。

「女はいらないから捨ててこい」

その言葉を忘れることができません。

もちろん、娘本人にそんな言葉は伝えていません。

その言葉通りに、夫は娘につらく当たることが多かったです。

息子が生まれる前は、それなりに可愛がった時もありました。
でも息子が生まれてからは、もうおまえはいらない人間というようになり、娘はいつも夫のストレスのはけ口になりました。

18歳で、一人暮らしをはじめたのも、そんな父親から逃げるためでした。
7年間、父親とは一度も会っていません。

娘の心の傷を思うと、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。

でも、今、娘は幸せだと言っています。

そしてこんなダメ母に、産んでくれてありがとうと言ってくれました。

頑張ってきてよかったと思いました。

ランキングに参加しています(*- -)(*_ _)

ブログにきてくださりありがとうございます。

応援していただけると嬉しいです。



スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク