娘のブログを見ました、私の知らない娘がいました。

スポンサーリンク

またまた音信不通の娘が、ふと心配になり、娘の会社のホームページをのぞいてみました。
そのホームページを見るのは、すごく久しぶりです。

その中の娘のブログを見ました。
そこには、私の知らない娘がいました。

最近は、息子に振り回されていました。
一緒に住んでいれば、やはり息子の方に目がいってしまいます。

このブログにも、ずっと書いてきましたが、娘は摂食障害で、悩んでいました。

過食症です。
食べるのが好き、でも太ったら嫌われるという強迫観念から、食べたものをおう吐していた時代がありました。

そういう類の本を、読んでみると、愛情不足が原因とか、母親との関係がカギを握っているとか書かれていて、
本を読むたびに自分を責めました。

育てた環境のせいで、娘と息子は、病んでしまうのか、将来はどうなるの?
そんな心配もしていました。

そんな中、娘と日帰り温泉に行ったり、ランチに行ったりが、私の一番の楽しみでした。
娘の住むアパートへいくこともすごく楽しみでした。

最近は、あまり連絡してこなくなりました。

お正月から会ってもいません。

寂しいと思うこともありますが、もう慣れたかな、娘に会えない生活に・・・

たぶん忙しくしているのだと思いますが、
時々、すごく心配になります。

そんな娘も、もう24歳になりました。
結婚した子も、赤ちゃんができた同級生もたくさんいます。

まだまだ結婚はしないと話していました。
結婚願望は、ないようです。

会社のホームページには、店長として、お店の紹介、メッセージなどを書いていました。

そして、お客様とのやり取りも書かれていて、
娘は店長としての役目をちゃんとはたしていました。

苦情への対応、来店者へのお礼のあいさつ、そしてスタッフたちへのねぎらいの言葉等々。
いろいろ書かれていました。

自分の娘ながら、すごいなと思いました。

ちゃんと店長やってるじゃないの、と思いました。

今まで、私の見たことがない、私の知らない娘がそこにいました

ブログでは、仕事への抱負、毎日の出来事、将来の夢などを書いていました。

がんばっていたんだ。
こんなに頑張っているんだとも思いました。

娘の成長を見て、とてもうれしかったです。

ダメな親を持つほど、子供はしっかりするのでしょうか。

ほおっておいても子は育つとは、よくいったものです。

父親には6年会っていません。
もう会う事はないのかも・・・

息子の方は、父親とまだ連絡をとっています。

あんな父親でも捨てきれないのだと思います。

娘が、お正月に泊まりにきた時、息子と楽しそうに話していました。
昔、父親からの攻撃に、二人で寄り添い、助け合っていた頃のように仲良く話していました。

最近、娘から、息子へラインが来たそうです。

「お母さんに、あんまり心配かけるな、負担をかけないように」
そう書いてあったそうです。

だから、息子が少し、手伝ってくれるようになったのかな・・・
昨日はご飯を炊いておいてくれました。

二人の子供たちが、私の苦労を少しでもわかってくれているのを知って、
それもうれしかったです。

ご訪問頂きありがとうございました。