母が、記憶をなくしていく・・・



a0070_000108

今日もまた、母のことを書きます。

今日、仕事中に母のことを思い、なんだか涙が出そうになりました。

もう、少し前の普通だった母には会えないと思うと、胸がいっぱいになって、息苦しくなりました。

子供たちの七五三で、二時間以上かけて、こちらの神社まで来てくれたこと。
運動会も来てくれたっけ。

去年の秋に一緒にお祭りに行ったこと。

今年の母の誕生日には、娘とみんなでイタリア料理を食べたこと。

目をつぶると、浮かんでくるのは楽しい思い出ばかりです。
昨日の母。
5分前のことを忘れていました。

玄関の施錠や解錠の方法を何回も教えたのに、、
何度も何度も教えたのに、違うボタン、非常ベルを押してしまいました。

全館に、321号室異常発生 321号室異常発生と、サイレンが響きわたっていました。
ヘルパーが何人も駆け付けてくれました。

みんなに、押し間違いですと平謝りです。

当の母は、何がおこっているのかわからず、キョトンとしていました。

間違って押してしまったことが、ショックだったのではなく、

こんなこともできない母になってしまったのだと思うとただただショックでした。

こんなに認知症が進んでいるとは夢にも思っていなかったのです。
それは妹も同じ気持ちで、妹もことの重大さに落ち込んでいます。
私たちのことがわからなくなるのは時間の問題かもね、そんな悲しい言葉も言います。

認知症の進行を止める薬を飲んでいなかったようです。
薬を飲むことも、忘れてしまったのかもれません。

これ以上進まないために、周りでケアするしかありません。

私ができるのは、電話をかけ続けること。

さっきの電話では頑張るよ頑張るよと、母は言っていました。

頑張るって・・・。
頑張っても、もう脳の破壊は止まらないのに・・・

また涙が出そうになる、
でも前向きな母だから~
私も前向きに考えたいです。

今日も最後まで読んでくださりありがとうございます。

ランキングに参加しています(*- -)(*_ _)

ブログにきてくださりありがとうございます。

応援していただけると嬉しいです。



スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




母が、記憶をなくしていく・・・



a0070_000108

今日もまた、母のことを書きます。

今日、仕事中に母のことを思い、なんだか涙が出そうになりました。

もう、少し前の普通だった母には会えないと思うと、胸がいっぱいになって、息苦しくなりました。

子供たちの七五三で、二時間以上かけて、こちらの神社まで来てくれたこと。
運動会も来てくれたっけ。

去年の秋に一緒にお祭りに行ったこと。

今年の母の誕生日には、娘とみんなでイタリア料理を食べたこと。

目をつぶると、浮かんでくるのは楽しい思い出ばかりです。
昨日の母。
5分前のことを忘れていました。

玄関の施錠や解錠の方法を何回も教えたのに、、
何度も何度も教えたのに、違うボタン、非常ベルを押してしまいました。

全館に、321号室異常発生 321号室異常発生と、サイレンが響きわたっていました。
ヘルパーが何人も駆け付けてくれました。

みんなに、押し間違いですと平謝りです。

当の母は、何がおこっているのかわからず、キョトンとしていました。

間違って押してしまったことが、ショックだったのではなく、

こんなこともできない母になってしまったのだと思うとただただショックでした。

こんなに認知症が進んでいるとは夢にも思っていなかったのです。
それは妹も同じ気持ちで、妹もことの重大さに落ち込んでいます。
私たちのことがわからなくなるのは時間の問題かもね、そんな悲しい言葉も言います。

認知症の進行を止める薬を飲んでいなかったようです。
薬を飲むことも、忘れてしまったのかもれません。

これ以上進まないために、周りでケアするしかありません。

私ができるのは、電話をかけ続けること。

さっきの電話では頑張るよ頑張るよと、母は言っていました。

頑張るって・・・。
頑張っても、もう脳の破壊は止まらないのに・・・

また涙が出そうになる、
でも前向きな母だから~
私も前向きに考えたいです。

今日も最後まで読んでくださりありがとうございます。

ランキングに参加しています(*- -)(*_ _)

ブログにきてくださりありがとうございます。

応援していただけると嬉しいです。



スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク