受験うつにならないために。



今朝は、ひどい頭痛でした。

もしかして高血圧?
もしかしたら血管切れてくも膜下出血しちゃう?

などと、本当に私は悪い方に考える癖がついてしまいました。
こんな母親じゃ子供もマイナス思考になって当然だと思う。

今日の夕飯は、COOK DOで回鍋肉を作りました。
ちょうどテレビで回鍋肉のCMが流れました。

ウマいと言いながら、息子は回鍋肉をパクリついていました。

夕食後、息子が、「」母さん、もう俺のこと心配しなくていいから、俺、もう鬱になんかならないから」と言いました。

昨年、高校三年生の一年間を振り返って見て、鬱になって当たり前だったよねみたいな話をしました。

受験うつにならないために

息子の失敗
・勉強以外何もやらなかった
・テレビも禁止、ゲームも禁止
・気分転換やストレスの発散をしなかった
・塾へも行かず、部屋で孤独と闘いながらの勉強
・一年間、友達と遊びに行くこともしなかった
・誰とも話さない日があった

こんな感じで、自分を追い詰めていったのです。
センター試験直後、生きていても仕方ない、人生つまらないって思ったそうです。

そこで燃え尽きた息子は、二次試験はほぼ白紙だしたらしい。
二次試験対策が間に合わなかったということもあると思います。

私の失敗
・浪人は絶対にだめと、息子を追いつめた
・とにかく心配ばかりしていた
・お金の心配をさせてしまった

母としてやってはいけないことをしていました。

受験うつにならないために、一番重要なことは、ストレスをためないことだと思います。

息子は高校三年生の一年間、一度も笑いませんでした。
今は、テレビを見てゲラゲラ笑っています。

きれいごとを書いていますが、先日は今度落ちたら就職だからねと言ってしまいました。
これは絶対にNGでした(苦笑)

受験生はそうでなくてもナイーブなのに。

受験失敗と受験うつを経験したらから、いろいろわかりました。
失敗は成功の元。
何事も経験だと思います。

ランキングに参加しています(*- -)(*_ _)

ブログにきてくださりありがとうございます。

応援していただけると嬉しいです。



スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメントの入力は終了しました。