貧乏でごめん。



あと三か月しかない、まだ三か月もある。

受験生の方ならすぐにわかると思いますが、センター試験までの日にちです。

数日ひきこもっていた息子は、ようやく外出しました。

個別指導塾にも一応自習室があります。
そこに勉強しに行ったらしい。

そこの個別指導塾は高校三年生がたくさんいますが、高校4年生は息子一人です。
(その塾では浪人生のことを高校4年生と呼んでいます)

「4月に、俺が予備校へ行きたいと言ったら行かせてくれた?
たぶん年間100万くらいかかったかもしれないけれど」

突然、聞いてきました。

「たぶん無理だったと思う。100万は無理。
行かせてあげられなかったと思う。ごめん」

貧乏でごめん。

普通の家庭のように予備校に行かせてあげれないでごめん。

とにかく私は謝るしかないです。

息子は、センター試験を三か月後に控えて、急に不安になってきたようなのです。

予備校に行ってれば、もっとみんなピリピリしているかもしれない。
今の塾は、みんなのんびりしていて、不安だと言い出しました。

貧困母子家庭の受験は、不利だと思います。
貧困母子家庭の浪人も、やはり不利だと思います。

本人の頑張り次第でなんとかなる!ことを信じるしかないです。

ランキングに参加しています(*- -)(*_ _)

ブログにきてくださりありがとうございます。

応援していただけると嬉しいです。



スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメントの入力は終了しました。