浪人生の母は、ドーンと構えていなければいけない



明け方、目が覚めてトイレに行きました。

息子の部屋のドアが開いていて、中が見えました。

真っ暗い部屋で、スマホをいじっていました。

あ、またか。

とっさに思いました。
また睡眠障害になってしまったのかと、がっかりして、私ももう眠れなくなってしまいました。

外が明るくなっていた早朝5時くらいだったと思います。

6時に布団から出て、お弁当を作っていました。

息子は部屋から出てきて、一睡もできなかったと暗い顔をして言いました。

ふーん。
それだけの返事をして職場へでかけていきました。

仕事中、やはり暗い気持ちになりました。

なんでまた?

ここで私がうろたえてはいけないのだと思いました。

浪人生の母は、ドーンと構えていなければいけないという思いがきました。

ここで、私が絶望してどうする?
ここで私が泣いてわめくわけにもいかない

母親の私が心配しても、物事はよい方向にすすむわけではないのです。

私はクリスチャンです。

夫からのDVモラハラに苦しめられていた時に、私は教会へ行くようになりました。

同じくDVに悩んでいた友人の紹介でした。

でも、教会へ行くのも夫が邪魔するようになり行けなくなりました。

そんなつらい時代に、いつも考えていたのは、海の見えるマンションに子供たちといっしょに暮らしたいと。
些細な夢をもって生きていました。

ある日、神様からの声が聞こえた気がしました。

今までよく頑張った。
今だ、今、逃げなさいって。

それからアパートを契約、すべてがトントン拍子に進みました。

そして些細な夢がかなっています。

海は見えないけれど、海の近くです。
マンションじゃないけれど、息子と2DKに住むことができています。

信じて夢を持って生きていれば、その夢はかなうのだと経験してわかりました。

なので、私は今、目の前の息子を見て悲観するのではなく、将来の息子が大学生になった姿を想像し、社会に無事に送りだすことを次の夢として描いています。

その次の夢が、日本中を旅することです。

なので、私は浪人生の母として、ドーンと構えていこうと決めました。

もう心配するのは辞めます。

ランキングに参加しています(*- -)(*_ _)

ブログにきてくださりありがとうございます。

応援していただけると嬉しいです。



スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク




コメントの入力は終了しました。