親友の合格を聞いて。

私立大学の受験は、ほぼ終わっているそうで、もう結果は出ています。

息子は、私立を一つも受験しませんでした。

今月は、またしても、部屋にひきこもったままです。

誰とも会わない日が、何日も続いています。

私が帰宅すると、部屋から出てきて、一方的に話しだします。

・不安で不安で仕方ない。

・浪人決定

こんなマイナスな言葉をいう日もあれば、

・やることはやったから大丈夫

・絶対に合格すると宣言してみたり。

私は、すべてを黙ってきいています。

親友から、青山学院大学に合格したという知らせがありました。

ともに、国立大学を目指していたクラスメートです。

その親友は、青山学院に行くことを決めたそうです。

国立の方はD判定、かなり難しいということらしい。

他の友達も、続々と良い知らせを連絡してきているようです。

そんな知らせに、息子はどんな気持ちだったのか。

私立を受ければよかったと、もう言わなくなりました。

泣いてもわめいても、試験日まであと一週間です。

息子の夢はかなうのだろうか・・・

ランキングに参加しています(*- -)(*_ _)

ブログにきてくださりありがとうございます。

応援していただけると嬉しいです。



スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク