どれだけ問題集を買うのか

今日は、目覚ましをセットし忘れ、危うく遅刻しそうになりました。

お弁当を作る時間などなくて、お昼はカップラーメンを食べました。

たまに食べるとすごくおいしく感じました。

息子が、度々、金銭の要求をしてきます。
問題集を買うからという理由で。

先日、息子の部屋をチラッと見たら、センター試験対策という問題集が山のようにありました。

これだけあって、全て出来るの?と疑問に思ったけれど口は出さない事にしました。

私は、今、自分の読まなくなった本を断捨離しています。

メルカリに出品すると、おもしろいように売れました。

ちょっとしたお小遣い稼ぎになります。

調子に乗って、息子にいらない本ない?と聞いてみました。

何冊か参考書を持ってきたので、パラパラとめくってみました。

至るところに赤線がひかれ、書き込みもしてありました。
 
 ガガーン

これは売り物になりません。

息子は東大を受けるわけではありません。

東大に合格した人の参考書は、高く売れると聞いた事があります。

どんなにボロボロでも赤線が引いてあっても、東大に合格したという事に価値があるそうです。

息子は受験が終わったら、あの本の山をどうするつもりなのかと、ふと思いました。

ランキングに参加しています(*- -)(*_ _)

ブログにきてくださりありがとうございます。

応援していただけると嬉しいです。



スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク