18歳になったら出ていきなさい



18歳になったら出ていきなさい。

この言葉は、夫が娘にたびたび言っていた言葉です。

本気だったのか、本気じゃなかったのかは、わかりませんが、少なくとも娘は、それを本気に受け取り、本当に18歳になってすぐに家を出ました。
高校の卒業式の前日に、コソコソと夜逃げのような引っ越しでした。

なぜコソコソか?
夫に内緒だったからです。

夜逃げのような引っ越し、もちろん手伝いました。
タクシーで布団を運びました。

娘はその時は、すごくうれしそうだったのだけど、その後は孤独という地獄が待っていたらしい。

それに、気付かず可哀想なことをしたと、今でも思います。

18歳になったら出ていきなさい。

同じように、自分の親に言われて、18歳で家を出た青年が、職場にいます。

その子の場合、5人兄弟の末っ子で、親は5人育てるのが大変だったようです。
高校までは、面倒をみるけれど、18歳になったら家を出て、自分で生きていきなさい。

親にそのように言われて。

5人兄弟は、本当にみんな18歳で家を出たそうです。

そしてみんな自立して、自分の力で歩いています。

その青年は、30代ですがチーフとなり、家も買い、子供もいます。
すごい自立ですよね。

もちろん親を怨むどころか、感謝しています。

その話を聞いて、子供を突き放すということも、ある意味良いことなのかと思いました。

誰にも甘えることなく、自立しなくてならないわけですから。

わが息子、とっくに18歳になっています。

来春には、出ていくのか、不明です。
どうなることか・・・

ご訪問ありがとうございました。

ランキングに参加しています(*- -)(*_ _)

ブログにきてくださりありがとうございます。

応援していただけると嬉しいです。



スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク