子育ての失敗



a0960_003415

今、テレビで高畑淳子さんの謝罪会見のニュースを見ていました。

シングルマザーで二人を育てたという共通点があり、気になって見ていました。

この親子にとって、事件を起こしたことは、天国から地獄へ落ちたと言っても過言ではないくらいに
これからの人生は変わってしまうのだと思いました。

母親というものは、どんな子供でも、かわいいものですし、全力で守ろうと
思う気持ちがあるものです。

その気持ちも痛いほど伝わってきました。

育て方が悪かったという反省の言葉をおっしゃってました。
育て方を一歩間違うと、こんな結果になってしまうのでしょうか。
う~ん、だとしたら怖いですね。

愛情不足でも愛情過多でもいけないわけで、
子育てに正解はないって思いました。

20年前に、交通事故にあった時のことを思い出しました。
私と娘が横断歩道を渡っていて、突っ込んできたトラックにはねられました。

娘はまだ2歳くらいで、ベビーカーにのっていたので、かすり傷ですみました。
私は全治三か月の打撲と、頚椎捻挫でした。

軽くすんだことが不幸中の幸いだったのですが、その時のトラックの運転手は25歳前後の青年でした。
現場でも、オロオロするばかりで、すみませんとかごめんなさいの謝罪の言葉はありませんでした。

その後、その加害者の母親からすぐに電話があり
謝罪の言葉と共に、謝罪に伺いたいという申し出もありました。

でも、結局は、謝罪には来ませんでした。
示談の交渉は、すべて保険会社がやりました。

最後まで、加害者本人からの謝罪の言葉はありませんでした。
今、思うことは、いい年した男が、なぜ自分で謝ることはせずに、
母親がしてきたかということです。
母親がいなければ何もできないマザコン男かって、
未だに憤りを感じています。

高畑親子の場合は、芸能人ですから、特別なのでしょうし、被害者の方はもう加害者本人には
会いたくないこもしれませんけど。

もし、息子が成人した後に、何か問題を起こした場合、
自分で謝れる子になってほしいと思います。

今、いろんな面で、自立しようとしている息子です。

母親がいなくては何もできないような大人になってしまう、
それこそが子育ての失敗だと、つくづく思いました

ご訪問くださりありがとうございました。

ランキングに参加しています(*- -)(*_ _)

ブログにきてくださりありがとうございます。

応援していただけると嬉しいです。



スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク