夫はもう、普通に生きられる精神状態ではないのです。



a0950_000029
下の二つは、去年の夏に、書いた記事です。
息子は二週間で、夫の元から、このアパートに逃げ帰りました。

夫はもう、普通に生きられる精神状態ではないのです。

まして、息子の面倒(食事、洗濯等、身の回りの世話)などできるわけないのです。

夫は、その時も今も、誰かに依存したいだけなのです。
夫はたぶん、自分の父親(舅)に依存して生きていました。
その父親が亡くなり、奥さんである私に依存してきました。

おまえは何も出来ない、よく言われた言葉でした。
おまえは頼りにならない、もっともっと俺を助けてくれという心の叫びが聞こえてきました。

私はそんな夫を支えようと、頑張りました。
心療内科に行こうと言っても行かないので、私が代わりに行き、症状を話したこともあります。
本人がこないと薬は出せないと言われました。

行政にも何度も相談に行きました。
保健所の職員が訪問してくれたこともありました。

夫は追い返しました。

そして、警察を呼んだことも何度もありました。
生活安全課の方も児童相談所の方も、脱出をすすめてきました。

あらゆる努力をしても、夫、自ら変わろうとはしてくれませんでした。
そして・・・
出ていけ発言を繰り返すようになりました。

悪霊に取りつかれているのかとも思いました。
お祓いをしたこともあります。
効き目はありませんでした。

努力をしても、耐えていても、息子の高校受験まで邪魔をするようになったので、ここにいては、息子の将来までおかしくされると
思い、脱出を決めました。

それでも、躊躇する私の背中を押してくれたのは息子です。

お母さんも、このままでは、病気になるよ~
そう言い、一緒にアパート探しを始めました。

でも、息子はまだ父親を恨んだり憎んだりしていません。
憐れみだけを持ち、未だに父親に会いに行っています。

でも、二年後には、私や夫から巣立っていきます。
今までの人生の経験で、人の痛みがわかる人間に育ったと思います。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

皆様の応援が励みになります。
感謝します。

ランキングに参加しています(*- -)(*_ _)

ブログにきてくださりありがとうございます。

応援していただけると嬉しいです。



スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク